婦人

50代からのスキンケア|おすすめの化粧品はコレだ

取り付けとお手入れ

ウーマン

痒みや腫れ、目の充血が起きる場合がありますのでまつエクをセルフで行う場合は注意をしましょう。エクステはオイルや刺激などには弱いので洗顔をする場合、擦らず優しく行い、目元は綿棒でメイクを落とすなど部分によって洗顔方法を変えると長持ちします。

詳しくはこちら

維持するには

女性

抜け落ちてしまったまつげエクステをセルフキットを使用して付け直すときは、自分が通っているお店のグルーと同じものにするといいでしょう。まつげエクステのメンテナンスを自分で行う場合は、目の周辺の油分や水分をしっかりと拭き取り、目にしみないグルーを使用してメンテナンスをするようにしましょう。

詳しくはこちら

保湿力の低下に備える

女の人

ビタミンC配合の物が人気

保湿力が低下する50代は、コラーゲンを強化する上でもビタミンC配合の化粧品が特におすすめです。さらにビタミンCは美白成分としての働きがあるため、50代の悩みに多いシミに対しても効果的で、おすすめできます。ビタミンCには活性酸素の発生を抑える抗酸化作用もあるため、エイジングケア成分としても働いてくれます。通常のビタミンCでもこのように50代の肌にはおすすめできる美容成分ですが、最近は特に人気が集まっているものに、ビタミンC誘導体配合の化粧品があります。ビタミンC誘導体は通常のビタミンCよりも分子構成が小さく、その分肌に浸透しやすいという特色があります。このため50代の肌に欲しいビタミンCをより簡単に得られる化粧品として、人気が出ているのです。

刺激の強いものは避ける

毎日使用する化粧品は肌に様々な影響を与えます。そのため保湿力の低下もあって肌がより敏感となりやすい50代は、化粧品選びに特に注意をしたい年代です。刺激の強いものとして気をつけたいものには、添加物全般が挙げられます。合成界面活性剤や保存料、香料といったものは刺激の強いものが多いので、化粧品選びのときには配合成分を注意深く見ておくことが重要です。更年期を迎える人も50代には多く、ホルモンバランスも崩れやすいため、肌のバリア機能も低下しがちです。そのため低刺激の化粧品を使い続けた方が、無用な肌トラブルにも巻き込まれることが少なくおすすめです。どのような化粧品を選べば良いか迷った場合は、50代向けの化粧品に詳しい情報サイトを調べたり、コスメショップで店員のおすすめを聞くのも良い化粧品選びに繋がります。

自分にあったものを選ぶ

まつげ

マツエクをする際に大切なのは、自分の雰囲気や顔立ちにあったタイプのマツエクを選ぶことです。自分にあったマツエクを選ぶ事により、印象的な目元を手に入れる事ができます。現在では沢山の種類が販売されており、化粧品を販売しているお店や通販などで購入が可能です。

詳しくはこちら